• 更新日:
  • 公開日:2020.02.20

職場も人も誰も信用できない! 信用してはいけない職場や人の特徴とは?

執筆者情報
中村亜綺

中村亜綺
フリーキャリアコンサルタント

商社の受付やパティシェ、DTPオペレーターなど、7職種13回の転職の後、独立。フリーランスのキャリアコンサルタントとして就職支援・採用支援・企業内人材育成・ワーママ支援など、様々な角度から「人が働く場」に関わる日々。愛してやまないものは、神社とジャズとお酒とムーミン。

職場のドロドロした人間関係や、管理・社長の理不尽な従業員の扱いで「誰も信用できない!」と感じている人は、何に対して不信感を持っているのか明確にした上で、早々に対処しなければあなたの負担が増えるばかりで得することはありません

この記事では、不信感を持っている相手別に信用できない時の対処法や、信用してはいけない職場・人の特徴、人間関係は改善できるかについて紹介します。

職場や職場の人に不信感を持っている人は、今後の行動についてこの記事を参考にしてみてください。

【PR】今の仕事自分に向いてないかも…ブラック企業には入りたくない…

第二新卒エージェントneo

「自分に向いている仕事って何だろう…」「ブラック企業は絶対いやだ…」と悩んでいるあなたに転職就職満足度No.1のエージェントneoが失敗しない就活方法をお教えします。

職場の誰も信用できない時の対処法

周りの人のいじめやハラスメント等で信用できない時の対処法について紹介します。

同部署の人が信用できないなら異動を検討する

理由や原因は色々あると思いますが、身近に信用できない人が一人いるだけでも、精神的にはかなりキツイものです。

それが同じチームのメンバーだったり、バディだったりすればなおさらです。業務に集中し、質の高い成果を上げるためにも、まずは上司に相談して適切な指導をお願いしてみましょう

信用できない人」というのは、大抵誰にとっても信用できない存在だったりしますが、あなたの業務の邪魔をするとかあなたにだけ嘘をつくなどの様子が見られるのなら、部署内の別のチームへ編入させてもらったり、思い切って部署異動を願い出てもいいと思います。

部署内のメンバーのライバル意識が強すぎて、お互い足の引っ張り合いになっているような部署であれば、異動を検討してみてはいかがでしょうか。

職場も人も信用できないなら転職する

人を大声で叱責することが日常化している、出入り業者に対して高圧的、業績の良い人の意見のみ採用されるなど、極端な上下関係や差別的態度が慣習になってしまっている職場があります。

そういうことをしている人はもちろん信用できませんが、これらが当たり前になってしまっている職場ならば、さらに問題は根深いです

なぜなら、良くも悪くも人には「環境適応力」があるからです。入社当初はパワハラ的な雰囲気に引いていた人も、いずれ周りと同じような態度になってしまいます。周囲に抵抗するより同調した方が楽だからです。

職場の慣習は簡単に変わるものではありません。職場全体に不信感があるなら、転職することをおすすめします

信用できず気持ちがつらい人はカウンセリングを受けてみる

他人を信用できない人の中には、相手に原因があるだけでなく自分自身の中に問題を抱えている人もいます

私はいつも人に裏切られる

他人は基本的に信用できない存在だ

裏切られて嫌な思いをするぐらいなら信じない方がいい

もしかして、こんな思いがどこかにないでしょうか? こう思ってしまう人は、異動しても転職しても、やっぱり周りが信用できないという結果になりがちです。

人は裏切るものだ」という思いがある人は、無意識のうちに人を試してしまいます。様々な形で相手に課題を出し、相手の反応を観察・評価し、少しでも疑える部分を見つけると「やっぱりこの人も信用できない」という判断を下します。

困ったことに、こういう人は相手の中に「信じられない部分」を見つけるまで、相手を試し続ける傾向があります。「人を信じることができない」という自分自身の課題を、相手の落ち度のせいにしたいからです。

こうなると、自分の力では人間不信から抜け出ることは不可能でしょう。他者ともう一度信頼関係を築くために、一度カウンセリングを受けることを検討してみてください。

誰も信用できない職場で働き続けるリスク

誰も信用できない職場で働き続けるのは、あなたにとって良いとは言えません。働き続けるとどのようなリスクがあるのでしょうか。

悲観的になり最悪の場合は精神的に病んでしまう

信用できる人がいないという孤独感は、些細な事も悩みや不安の種にしてしまいます。悩みや不安を誰にも話せずに抱え込んでいると、思考はどんどん悲観的になっていくでしょう

また「誰も信用できない=周りはみんな敵」ですから、常に緊張感にさらされることになります。適度な緊張感はモチベーションに繋がりますが、長期の緊張状態は心に大きな負担を与えやすいです。

精神的な疲弊に伴って、頭痛や吐き気、不眠などの身体症状が出て、最悪は心身ともに健康を損ねてしまうことになります。

スムーズに仕事ができずあなた自身の社内評価が下がる

周りが信用できないということは、周りを頼ることも相談することもできないということです。

仕事は必ず誰かと関わりを持ってやるものなので、そんな状態では良い仕事ができるはずがありません。結果、効率の低下や質の低下を招くことになり、社内の評価が下がってしまう可能性があります。

余計な仕事を押し付けられやすくなる

自分はこんなにしっかりやっているのに、周囲の仕事ぶりがいい加減で信用できない

こんな風に思っている人は、その仕事ぶりと真面目さのせいで、周囲から余計な仕事を押し付けられやすくなります。評価につながる重要な仕事を任されるのならいいのですが、手が抜けない性格を逆手にとって面倒な雑用を丸投げされてしまうかもしれません。

信用してはいけない職場や人の特徴

信用できない職場や人ははじめから避けるに越したことはありません。相手や職場に対し疑心暗鬼になり、信用できるかどうかで迷った場合はここで紹介する特徴を参考にしてみてください。

信用してはいけない職場

パワハラやモラハラが横行している職場はもちろん、他にも信用できない職場は多々あります

まず給料の支払いが遅れる会社はダメでしょう。信用できないというより、経営状態が不安です。

その他、

タイムカードがないなど出退勤の時間を管理していない(または管理の仕方がずさん)

・残業の最中でも一定時間になると退勤を押すように強要される など

従業員の勤怠管理がいい加減な職場は信用できません。労働基準法違反をごまかすような職場は、一般従業員の知らないところでも法令違反を重ねている可能性が高いでしょう。

働き方改革法案の成立により、年10日以上有給休暇を取得する権利のある従業員には、最低5日以上消化させることが義務化されました。消化日数が5日未満の場合は、企業側から休暇日を指定して有給休暇を取らせるというものです。

まずは、経営者や管理者がこういった法改正を知っているかどうかが、信用できるかどうかのひとつの基準になるかと思います。そして、それを守る姿勢があるかどうかがチェックポイントです。

また、有給休暇の権利日数にかかわらず、このご時世で有給取得を理由もなく許可しないような職場は、信用できないと言ってよいでしょう。

ちなみに私が以前勤めていた会社に、業績不振を理由にボーナス支給がなかった年に、社員旅行で海外へ行ったという会社がありました。

経営者が福利厚生費で旅行に行きたかったのでは?と思われても仕方ありません。このように、やっていることが矛盾していたり、経営者が会社を私物化しているような職場は、長く勤務しても不満が溜まるばかりでしょう。

信用してはいけない人

人の噂話が好きな人は信用できないと思ってよいでしょう。嘘か本当かわからない話を流布する、人の秘密を暴露するなど、今はあなたがターゲットじゃなかったにしても、いつターゲットにされるか分かりません。

話を盛る”ことが好きな人ですから、あなたが大切な話をしようものなら、かなりアレンジして広められてしまう可能性もあります。適当に聞き流して、深入りしないよう気をつけましょう。

自慢話が多い人も注意が必要です。「自慢話が多い=自分に自信がない人」です。虚勢を張って皆の上に立ちたいという願望が強いので、いわゆる「手柄の横取り」をする人になりやすく、注意が必要です。

言っていることとやっていることが違う人も信用できませんが、加えて謝れない人も要注意です。例えば、周囲には厳しく「期限厳守!」と言っておきながら自分は期限を落としてしまった時にすみませんでしたと謝れないケースです。

小さなことに「すみませんでした」が言えない人は、重大なミスをした時に隠蔽に走ったり他人に責任を押し付けたりするかもしれません。

こういう人は、普段は正論で周囲を責めている人に多いので、その正論に行動が伴っているかどうかを見て、信用する・しないを判断すると良いと思います。

誰も信用できない職場の人間関係は改善できる?

先に書いたように、自分自身に問題がある場合は、自分の認識や行動を変えることで改善を図ることができます。

しかし、他人を変えるには大変な労力がかかります。それに、あなたがその職場のマネジメント担当でなければ、そもそもその労力は業務の範囲外です。

また、会社自体が信用できないのであれば、それを改善するのは、ほぼ不可能と考えてよいでしょう。業務に集中し、本来のあなたの能力を発揮するために、転職を考える方が得策ではないかと思います。

まとめ

私たちのパフォーマンスが最も良い形で発揮されるのは、余計な不安がなく本来の業務に集中して取り組めている時です。その意味で、部署のメンバーや職場に対して不信感がないということは、とても重要なことではないかと思います。

関係性に改善が期待できない時には、異動や転職なども視野に入れて対処を考えましょう。

一方、誰しも完璧ではないということも忘れてはいけない事実です。些細な事ですぐに「信用できない人」と決めつけてしまわず、よくその人となりを知ろうとする努力も必要だということも、ぜひ心に留めておいてください。

emist編集部

本記事はemist(エミスト)を運営する株式会社アシロの編集部が企画を行っております。
emistの運営ポリシーや執筆及び監修体制につきましてはこちらをご確認ください。

あなたにおすすめの記事