• 更新日:
  • 公開日:2020.01.17

友達がいないのはなぜ? 長く付き合える友達の作り方

執筆者情報
小松亜矢子

小松亜矢子
元看護士ライター

病院・クリニックなどで勤務したのちに独立。医療福祉系のメディア・雑誌を中心にライティングを行う一方で、地域の中で看護を行うコミュニティナースとしても活動している。適応障害・うつ病で転職を繰り返した経験あり。対人関係・コミュニケーションはあまり得意ではないものの、努力にて克服中。

友達のいない人の特徴とは? 約100人に聞く「友達になりたくないと思ってしまう言動」

1位|いつも他人の噂話か悪口を言っている

友達がいない人によく見られる特徴が、噂話や悪口ばかりを話すことです。

友達と話すときは、楽しく過ごしたいと思う人がほとんどではないでしょうか。なのに、口を開けば誰かのことについて文句を言っているような状態だと、楽しめないどころかうんざりしてしまいます。

 

それだけではなく、「この人は私がいないところでは私の悪口を言っているのでは」「この人に大切なことを話したら、すぐに噂話にされてしまう」と人としても信用をなくしてしまうことも珍しくはありません。

 

2位|頻繁に約束を破る

友達と約束をする機会は頻繁に存在します。休みの日のお出かけや物の貸し借り、大切な話を口外しないなど、多くの人が経験していることでしょう。

 

友達がいない、少ない人の中には、人との約束を頻繁に破ってしまう人がいます。たまにのことなら、「たまたま約束したことを忘れてしまったんだな」と水に流すこともできるでしょう。しかし、それが頻繁だと大事な約束はできなくなりますし、友達付き合いも難しくなってしまいます。

 

3位|遅刻しても連絡をしない

約束を破るのと同様に、友達として敬遠されるのが遅刻しても連絡しないことです。

 

待ち合わせ時間に、やむを得ず遅れてしまうことはあるかもしれません。たまたま電車が遅れていた、道を間違えてしまった、仕事が終わるのが遅くなった…といった理由で遅刻せざるを得なかった、という経験がある人もいるのではないでしょうか。

 

遅刻そのものは、もちろん避けたいものではありますが、上記のような理由で避け難い場合もあります。重要なのは、待ち合わせをしている相手にきちんと連絡をすることです。

 

頻繁に遅刻するのに、その度に連絡をしない。遅れてきても悪びれた様子がない。そんなことが何度も続くと、待たされる方はイライラして、その人と会うことを避けるようになってしまいます。

 

4位|いつもネガティブな話をする

人の噂話や悪口と同じように、友達として敬遠されがちなのが、いつもネガティブな話をしている人です。ネガティブな話というと、本人が暗い話をすることと思われるかもしれませんが、そればかりとは限りません。

 

何か話をするたびに否定する発言をする人も、ネガティブな人として距離を置かれがちです。面白そうな話題をしても、「それつまらないやつだよね」と発言したり、何かをしようとしても「どうせうまくいかないんじゃない」と否定したり…。

 

そのような発言は、話している人の意欲を削いでしまいます。何かにつけてネガティブな話や意見ばかりをいう人は、「何かあっても応援してくれない人」「やる気を奪う人」と認識されるのです。

 

5位|人によって態度を変える

一緒にいる人によって態度を変える人も、友達としては長続きしにくい傾向にあります。性別や年齢、立場など、人によって上から目線で話したり、やたらと猫をかぶったりする人が、もしかしたら近くにいるのではないでしょうか。

 

そのような人は、態度によっては距離を置いた付き合いはできるかもしれませんが、親しい間柄になるのは難しいです。態度の変化を目の当たりにすると、自分がバカにされているように感じたり、信頼できなくなったりしてしまうからです。

 

6位|会話のほとんどが自慢話

自慢話ばかりするようなタイプの人も、友達付き合いにはあまり向かないタイプです。もちろん、話の流れで自分の経験や能力などについて、ちょっと自慢してしまうことはあるでしょう。それが話の中でときどき出てくる程度なら大丈夫です。まわりの人たちも、すごいね、と素直に思うことができるはずです。

 

しかし、話をするたびに自分のことを話題にして、それも毎回何かを自慢するようなものだと、聞いている人は「またか…」と聞き飽きてしまいます。聞き飽きるだけなら、まだ話を流されるだけで済むかもしれませんが、あまりに頻繁だと「もうあなたの話は聞きたくない」と思われてしまうでしょう。

 

7位|2人でいるのにすぐスマホでSNSやゲームをする

話をしながらスマホでSNSのチェックやゲームばかりしている人も、友達になりにくいタイプの人です。せっかく一緒にいるのにスマホばかり見ていると、相手に「一緒にいても楽しくないのかな」と思われてしまいます。

 

ときどきチェックする程度ならそこまで問題になることはありませんが、せめて会話中はスマホを置いて話に集中した方が良いでしょう。

 

8位|なんでも把握しようとする

大事な親友だからといって、行動の詳細や友達付き合いのある人までなんでも把握しようとする傾向のある人は、友達から距離を置かれやすいです。

 

行き過ぎると、週末にどこに行くのか、今のメールや電話の相手は誰なのか、何時に帰ってくるのかなど、家族や恋人でも聞かないような内容まで知ろうとする人もいます。そのように詳細まで尋ねられると、相手は束縛されていると感じたり、一緒にいることを重荷だと思ったりしてしまいます。

 

9位|毎回恋人の話をされる

ある程度の年齢であれば、男女問わず恋人がいて当たり前のこと。友達との会話の中でも恋人のことが話題になる場面もあるかと思いますが、毎回のように恋人の話ばかりをされると、相手はだんだんと嫌気がさしてきてしまいます。

 

恋人がいて幸せなことは、もちろん喜ばしいことです。しかし、友達は恋人の話を聞くためだけにいるのではありません。本当はもっと他に話したいことや、一緒にやりたいこともあったはず。それをかまわずに恋人の話を続けていると、相手が友達としている意味を感じられなくなり、だんだん離れていってしまいます。

 

友達と長く続かない・いなくなってしまう人が取りがちな言動

友人といても自分の都合や感情ばかり優先してしまう

友達といるときは、どこに行くか、何をするかなど、お互いに話し合って決めることが多いのではないかと思います。ときにはどちらかの好みや都合に合わせる場面もあるでしょうが、常にどちらかの言いなり、ということはほぼないでしょう。

 

なのに、自分の予定ややりたいこと、好みや感情ばかりを優先させて、相手の都合や気持ちを考えずに物事を決める人がときどきいます。よっぽど相手が優しかったり人の意見に従いたい人だったら良いのかもしれませんが、多くの人は自分の意見も聞いて欲しいと思うはず。

 

自分のことばかり優先する人と一緒にいると、相手は自分がないがしろにされていると感じ、友達関係をやめてしまうこともあります。

 

何をするにも相手に合わせて自分から行動や提案をしない

逆に、何につけても自分の主張をせずに相手に合わせてばかりの人も、友達と疎遠になりやすいです。相手の意向を伺うのは悪いことではありませんが、どんな場面でも選択を任せていると、だんだんと一緒にいるのが負担になっていきます。

 

出かけるときの行き先、旅行の計画、食事に行くときのレストランなど、毎回決めるのは大変です。どうせ自分で全部決めるなら、わざわざ一緒にいなくても1人で良いのでは、と思う人もいるかもしれません。

 

どちらかがすべてを決めるのではなく、お互いに考えて一緒に決めるという形にしていったほうが良いでしょう。

相手の趣味や好みを深く知ろうとしない

友達と付き合う中で、相手を拘束しすぎたり過干渉になったりすることは、相手に嫌な思いを与えてしまいます。しかし逆に、相手がどんな趣味を持っているのか、何が好みなのかを知ろうとしないことも、友達と長く続かない原因になる可能性があります。

 

相手の趣味などを知らないと、何かを提案しても的外れになってしまいます。中には気にしない人もいるかもしれませんが、あまりに知ろうとする姿勢がないと、「私に関心がないのかな?」と思われてしまいます。その結果、友達付き合いが徐々に減っていってしまうのです。

 

仲の良い友達とは、趣味や好きなものなど、何かしら共通点があるもの。一緒に何かを楽しめるからこそ、友達として長続きするのではないでしょうか。

 

友達を作る・関係を長続きさせる秘訣

自分の友達に対する態度をよく振り返ってみる

友達付き合いを長続きさせたいのなら、まずは自分が友達に対してどのような態度で接しているかを振り返ってみましょう。自分の話ばかりしていないか、ネガティブな話が多くなっていないかなど、これまでお話ししたポイントを中心に思い返してみてください。

 

もしも思い当たることがあったなら、友達関係が長続きしないのは、そこが原因なのかもしれません。

 

常に「自分がされたら・いわれたらどう思うか」の気持ちを持つ

普段の友達に対する言動や態度が、相手にとって不快な思いを与えているかもしれません。この発言などを自分が相手にされたらどう思うのか、相手の立場に立って考えることを常に意識しましょう。

 

直接悪口を言う、罵るなど、されて嫌だと思うことをしないのは当然のこと。それだけでなく、相手の負担になるようなことも避けるべきです。

 

外出先などの検索や計画を任せきりにしていたり、頻回に連絡をしたりなど、自分では意識していなかったことが相手には負担になっていることがあります。「あの人はこういう人だから」「私たちはこういう関係だから」と思い込んで行動していると、気づかぬうちに相手の負担が増し、だんだんと距離を置かれてしまうかもしれません。

 

過去にそのようなことがなかったか、友達と長続きしない自覚がある人は、一度振り返って考えてみましょう。

 

自分の趣味や好み・希望はポジティブに打ち明ける

自分が好きだと思っていることや、趣味でよくすること、どうしたいかという希望などは、相手にきちんと伝えるようにしましょう。そのときに大切なポイントが、ポジティブに打ち明けるということです。

 

「つまらないことなんだけど」「面白くない趣味なんだけど」などとネガティブな前置きで話し始めると、相手が遠慮してしまいます。相手にも関心を持ってもらえるように、「私はこういうことが好きなんです」「こういうイベントがあったらぜひ誘ってください」など、明るくポジティブな話し方を心がけるようにしてみてください。

 

友人の趣味や好みに興味を持つ

自分の趣味や好みなどを伝えるのと同様に、相手の趣味などにも関心を持ちましょう。関心を持っていることが伝わると、相手は気にかけてもらっている、仲良くなれるかもしれないと感じることができます。

 

どんなことが好きなのか、一緒に楽しめることはあるのかなど、共感できるポイントはどこかを探してみるのも大切です。もしも共感できることが見つかったら、ぜひ話題を盛り上げてみてください。仲良くなれるきっかけになるでしょう。

 

まとめ

まわりの人は仲が良さそうにしているのに、自分だけ友達関係が長続きしないと、落ち込んでしまうこともあるかもしれません。しかし、今回お話ししたようなポイントを踏まえて、普段の発言や行動に少し気をつければ、大きく変化する可能性はあります。友達関係で悩んでいるのなら、まずは一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

emist編集部

本記事はemist(エミスト)を運営する株式会社アシロの編集部が企画を行っております。
emistの運営ポリシーや執筆及び監修体制につきましてはこちらをご確認ください。

あなたにおすすめの記事