• 更新日:
  • 公開日:2020.01.16

考えすぎる癖の原因は不安感?タイプ別考えすぎる人の特徴と対処法について紹介

執筆者情報
meino

meino
ライター

接客業やIT企業でのオフィスワークなどの職業を経てライター業務を開始。 10代後半より不安障害/会食恐怖症/心室性期外収縮などメンタルが原因の疾患を抱え、その中で「マイナスのものを抱えたままでも、生きたいように生きる」ことを考えるようになる。 また、「敬遠されるものたち」に魅力を感じ、それらを親しみやすく表現することを目標にしている。

自分はついつい考えすぎてしまう…そんな自覚がある人はいないでしょうか。考えすぎることによって不安にさいなまれ、その不安がどんどん心の中で大きくなってしまう人は、ひとつの選択をするだけでも周りの人よりも労力を使いがちです。

今回は考えすぎる人が当てはまりやすい4つのタイプと特徴、また考え過ぎる癖から抜け出すための対処法について紹介していきます。

【PR】将来どうなるのか知りたい・背中を押してほしい人へ

ビーナスベッド

「自分は変われるのかな?」「幸せになれるのかな」などの悩みは、自分の将来がわからないと益々不安になります。
あなたの将来の不安や自分自身の悩みを有名占い師が驚異の的中率で解決します。

考えすぎる人のほとんどは選択の先に「不安」を抱えている

どんな物事でも、頭に引っかかるとそこから抜け出せずに考えすぎてしまうのが考えすぎる人。他の人との違いは、心の中に「不安」を抱えているか、否かです。

例えば、仕事で「決まれば大きな利益になるが決まらなければ大きな損失がある仕事」と、「決まりやすいが、ひとつひとつの利益は小さく継続していかなければまとまったお金にならない仕事」があるとします。考えすぎない人は、どちらかを選択した後不安があったとしても、ポジティブに努力をすることを念頭に置きます。

しかし、考えすぎる人はどちらを選択したとしても、いつまでも不安が先に来ます。「利益ではなく損失となってしまったらどうしよう」「ちまちまと仕事をするよりも、大きな勝負に出た方が良かったのではないだろうか」など、ネガティブな思考に頭の中を支配されてしまうのです。「自分の選択は間違っていなかったか」という不安がまとわりついて離れず、考えすぎるという状態に陥ってしまいます。

考えすぎる性格の4つのタイプと特徴

考えすぎる性格の傾向はひとつではなく、いくつかのパターンがあります。

ここでは、考えすぎる性格によく見られるタイプとその特徴について紹介していきます。考えすぎる性格だと思っている人は、自分がどのタイプに当てはまるのか一度認識してみるのもおすすめです。

1:最悪の結果が待っていると思ってしまう「不安タイプ」

どんな時でも、先に最悪の結果が待っているのではないかと考えすぎてしまう人は、「不安タイプ」に当てはまります。例えば、「今日の午後、大地震が起こるのではないか」という大きなものから、「明日の朝、起きられず大事な会議に遅刻してしまうのではないか」という身近なものまで、不安なことがひとつあるとつい最悪の結果を頭に思い浮かべてしまうタイプです。

このタイプの人は想像力が豊かなため、ひとつ不安が生まれるとそこからどんどんネガティブな想像を広げていってしまいます。例えば大地震で家を失い家族が路頭に迷ったらどうしよう、ということや、会議に遅刻し上司から幻滅されクビになったらどうしようなど、さらに大きな不安に飲み込まれていってしまうのです。

2:どうすれば・どうすればとなる「向上思考タイプ」

自分の中に潜む不安や劣等感に対して、「どうすれば改善できるんだろう」と考えすぎてしまう人は「向上思考タイプ」に当てはまります。自分自身の性格や考え方に劣等感を持っており、そんな自分を変えたいと思うがあまり気づくとそのことばかり考えていたり、頭の中で「自分の理想とする自分の像」を想像したりしてしまいます。

このタイプの人は例え一人で部屋で読書や音楽を聞くなど、通常の人ならリラックスできる空間であったとしても、頭が勝手に「一体どうすれば自分の理想の自分になれるのだろう」「上手な人間関係を築けるのだろう」と考えてしまいます。そのため、どんな時でも気を抜くことができず、考えすぎるという状態に陥ってしまうのです。

3:周囲の反応や目が気になりすぎる「気遣いタイプ」

相手に話しかけたとき素っ気ない返事をされると「自分は何か悪いことをしたんだろうか」と思ったり、複数人で会話をしている時に自分の発言で会話が盛り上がらなかったりすると「自分が話さない方がよかったのかな」などと考えてしまう人は「気遣いタイプ」に当てはまります。

周囲の反応や自分がどんな目で見られるのかが気になりすぎて、「今こんなことを言ったらダメだろうか」「自分が発言するのは迷惑だろう」と考えて、口数が少なくなってしまうのです。このタイプは周りからの評価を気にしているため、「どんな風に行動したら周りの期待に堪えられるだろう」と常に考えています。

4:考えることが好きな「哲学者タイプ」

様々なことを考えるのが好きで、周囲の人間が気にも留めないことであっても考え続けてしまう「哲学者タイプ」の考えすぎる人もいます。このタイプの人は、普通の人なら特に気にしないことを心に留め、次々と考えを巡らせ続けることのできる想像力豊かな人です。

例えば、「どうして「一」は「いち」と読むのだろう」と言ったような、結論の出ないようなことから、「自分が自分の歩みたい道をきちんと歩いて行くには、どのようなルートを歩んで行ったらいいだろう」という人生をかけた大きなものまで、哲学者タイプの人の考えすぎる人の頭の中では、常に色々な考えがぐるぐると巡っています。

そして結論が出たとしても、出なかったとしても考えること自体が好きなため、それで満足なのです。

考えすぎる癖から抜け出す対処法

考えすぎる癖によってネガティブな思考になってしまう、日常生活で困っているという人もいるでしょう。考えすぎる癖からどうにかして抜け出したいと思う人に向けて、その対処法をいくつか紹介していきます。

自分に合った対処法を見つけて、考えすぎる癖を改善していきましょう。

「選択」と「安心」の癖をつけて体と脳に覚えさせる

考えすぎる癖を持っている人は、根本的に自分に自信がないことが多いです。自分自身に自信がない故に「これは本当に正解なのか?」と自分の心に問うことが多くなり、自分の選択は間違っているのではないか、と不安に駆られます。

そんな人はまず、「自分の選択は合っている」という安心感の癖付けを行うことが大切です。例えば「転職をしたら、努力が認められ以前の会社よりも給料が増えた」というような実績のあるものから、「引っ越した後におみくじを引いたら、「転居」の欄に良いことが書いてあった」という根拠のないものでもかまいません。

「自分の行った選択によって、良い結果がもたらされた」その安心を体と心に癖付けすることが大事なのです。大きなものから小さなものまで安心を心に覚えさせていけば、自分に自信がつき自然と考えすぎることもなくなっていきます。

自分の意思以外で物事を決める方法を持っておく

自分の意思に自信がなく、自分の考えだけで決めたことに対していつまでも不安が拭い去れないという人は、天に選択を任せてみるのもおすすめです。例えばサイコロを降って1~3の目が出たらAの選択をし、4~6の目が出たらBの選択をするというものや、コイントスをし、表か裏かで選択を決めるという方法もあります。

そんな簡単な方法でいいの?と思うかもしれません。しかし、自分の意思以外に決定権をゆだねるというのは、考えすぎる人にとって一種の安心に繋がります。例え失敗したときでも、自分の意思だけで決めたことだと自分を責めがちですが、「運が決めたことだから仕方ない」と潔く諦めることができる可能性に繋がるのです。

直感的に行動する人と一緒に何かしてみる

考えすぎる人の対極にいる人は直感的に行動する人です。直感的に行動する人は、自分の意思に則ってすぐに行動を決めることができます。理由も、考えすぎる人が自分の行う選択に対して明確な理由を求めがちなのに比べ、直感的に行動する人は「自分がしたかったからする」など、直情的で心のままに生きていると言ってもいいでしょう。

考えすぎる人は、一度直感的に行動する人と一緒に何か物事をしてみることをおすすめします。仕事でも趣味でも構いません。彼らの潔さをそばで見ていることにより、「考えすぎなくてもいい方向に進むことはある」と感じ、自分も時には考えすぎることなく直感的に行動してもいいのではないか、という前向きな思いが浮かぶ可能性があります。

選択の後に何が起こっても「失敗」と思わないようにする

失敗は考えすぎる人にとって、大きな障害となります。自分がグループに加わったから仕事の進みが遅くなった、自分の発言で周りの空気が悪くなった…そのようなことが起こると、考えすぎる人はそれらを重く受け止め、「次失敗しないためにはどんな行動をとったらいいだろう」と考えを巡らせてしまうのです。

自分がした選択の後にどんなことが起こっても、それを自分の選択によって生じた失敗だと思わないようにしましょう。仕事の進みが遅くなったのは丁度難しい工程に入ったから、たまたま会話の雲行きが怪しい時に自分が発言してしまっただけ、など自分の選択が間違いだった、と思わないようにすることが大切です。

SNSやネットから一度離れる

ツイッターなどのSNSなどネット上には日々様々な情報が溢れています。その中には有益な情報もあれば、根拠なく周りを傷つけるような情報も落ちています。考えすぎる人がネガティブな考えすぎのループに陥っている時にそれを見ると、まるで自分に向けて言っているような発言が目に入ってしまうことがあるのです。

不特定多数に向けた発言を見て、「これは自分にむけて言っていることではないか」そう思い始めたら、一旦スマホやPCを閉じて、少しネットから離れることをおすすめします。膨大な情報は判断を鈍らせ、時に不安感を強くします。多くの情報を取り込み、受け入れるには、自分の心にも余裕があることが必要なのです。

日常生活に支障が出てしまうくらい考えすぎてしまう人へ

不安すぎて朝ベッドから起き上がれない、考えすぎて頭痛や吐き気など体調に支障が出てしまうという人は、そのままにせず心療内科や精神科を受診することをおすすめします。ただ考えすぎる性格だから、と放っておくと悪化して、普通に外を歩くだけでも不安で頭の中がいっぱいになってしまう…ということになりかねません。

専門の病院ではカウンセリングを通して、その症状が治療が必要なものなのか、ということを的確に判断してくれます。場合によっては薬などの処置によって症状が緩和されることもありますので、日常生活に支障が出るほど考えすぎてしまうという人は早めに病院を受診しましょう。

まとめ

考えるということは、人間に与えられた素晴らしい機能です。人間は考えることにより、幸せに生きるための様々な選択をしたり、その場に合わせた適切な発言をすることができます。

しかし、考えすぎることによって不安感にさいなまれ、行動や発言の幅が狭まってしまうのは自分らしく生きるための障害になりかねません。考えすぎることによる不安から解放され、晴れやかな気持ちで毎日過ごすために、少しずつ考えすぎることを改善していきましょう。

【PR】将来どうなるのか知りたい・背中を押してほしい人へ

ビーナスベッド

「自分は変われるのかな?」「幸せになれるのかな」などの悩みは、自分の将来がわからないと益々不安になります。
あなたの将来の不安や自分自身の悩みを有名占い師が驚異の的中率で解決します。

emist編集部

本記事はemist(エミスト)を運営する株式会社アシロの編集部が企画を行っております。
emistの運営ポリシーや執筆及び監修体制につきましてはこちらをご確認ください。

あなたにおすすめの記事